共に歩む路

1年3ヶ月

時々、このブログを見つけては閲覧してくださっている方もいるとのことで、

こちらは会社の公式ブログではありませんが、時々個人的な近況を載せていこうかと思います。


子供が産まれて、1年3ヶ月が経ちました。


それはそれは可愛い男の子で、みんなに愛されてすくすく育っています。

子育てを助けてくれる人たちがたくさんいてくれるおかげで、第一子にして、楽しい幸せだと感じられる子育てをしています。

そのおかげで、ママの私がいなくても情緒の安定した人見知りのない子に育っています。

安心できるコミュニティがあるって、とても幸せなことです。




さて、仕事の方もどんどんと拡大しています。

コミュニティカフェの設立、スタッフの増員など、ますますにぎやかに、ますます楽しく充実したものになっています。

また、地域で注目される機会も多くなってきました。


介護の世界に光を灯し、コミュニティの必要性を、共同生活の良さを、発信できたらと思います。


そこには、子供の存在が大きな力となって下支えされるように思います。


トップバッターで私たちのもとに降りてきた息子の働きには感謝です。



1年、1年の変化がめまぐるしく、

でも、確実に前に進んでいるはず。












[PR]
# by BittyBijou | 2016-06-25 12:19 | 介護から学ぶ

生命(いのち)の永遠を感じています。



前回の更新から、半年が過ぎました。

facebookの方では仕事での様子をアップしていますが、こちらは個人的なことを少しだけ。


今、私のお腹には八ヶ月の赤ちゃんがいます。

とても順調に育ってくれていて、私の体調もとても良いです。

母の死からたった数ヶ月で新しい命が宿り、昨年から不思議な感覚があります。

母と赤ちゃん、それぞれひとりの人間としてみてみると単なる別れと出会いとも言えますが、

大きな広い宇宙の流れの中で見てみると、生命はつながっていて時空を超えた永遠のものであることを感じずにはいられません。

夫、父と共に歩み、愛し愛され、コイノニアのスタッフには数知れず助けられ、他人でありながら親族よりもずっと近く、たくさんの優しさに包まれ感謝の尽きない日々です。

また、良い助産師さんに出会うこともできて、いつも的確なアドバイスをいただき、それを素直にきくと身体がちゃんと答えてくれるのがおもしろくて、毎回の健診が緊張もありながら楽しみになっています。


この日々はすべて母が与えてくれたもの。。。とすら思えてなりません。

母がくれた愛と同じように、私もお腹の子にたくさんの愛を捧げてゆきたいなと思います。

それ以上に、すでに私がこの子から愛をもらっているのですが。。



最近は、胎児とのたい話を大切にするママが増えているそうです。

お母さんを幸せにするために子供は生まれてきたという考え方。

そして、人の役に立つために、地球の役に立つために生まれてきたということ。

世の中でそんな考え方がだんだんと広まっています。

私の母は、もともとそういう考え方をとても大切にしていて、私がお腹の中にいた時のこと、私が強い意思を持って使命を生まれてきたということなど、それこそ死の間際まで話してくれていました。

今思えば母にとってお産は、人生で最大の喜びであったことがよくわかるし、
私という存在が母の人生をこんなにも幸せにしたのかと、ある意味私の使命の一つを果たせたような気もしています。

母は、倒れる直前に私宛のバースデーカードを書いてくれていました。

そこには、私が生まれるまでの産婦人科でのできごとをつらつらと細かく綴ってありました。
それを読むと母にとってお産がどれだけ素敵な経験だったかがよくわかります。

その後、倒れて病院に運ばれた時に、医師がくも膜下出血を疑って「その頭痛は、出産の痛みよりも痛いですか。」と尋ねてきたときは、
母は、「出産の痛みは痛みじゃないの。よろこびなのよ!比べるものではない。」とハッキリと答えていました。

その言葉の響きは今も私の心に残っています。


そして、母が他界したあとも、母の計らいとしか思えない不思議なできごとの数々。

いつもいつも近くで守ってくれてサポートしてくれているのがわかります。

私の妊娠期間がとても安定しているのは、母のおかげだと思っています。

母の考え方は母の祖母(私の祖祖母)や、父親(私の祖父)の影響もあるようですが、
母自身が持って生まれた特別な感性もあると思います。

また父も、私が妊娠してから時々いろいろな話をしてくれます。

いつも、「大丈夫だよ」「全部整えられてるからね」「お母さんが守ってくれるから」そんな言葉で私を安心させてくれます。

先日は、父と一緒に散歩をしながら、自分が子供だったときのこと、自分の母親(私の祖母)から聞いたお産のことなどを話してくれたのですが、それがまたあたたかい話で嬉しくてまた幸せな気持ちがふくらみました。

何世代もの命がこうしてつながって今の私がいることに感謝はつきません。


そして、主人。

共に歩んでくれている最愛の人。

優しく、そしてときに厳しく私を叱咤激励して一緒に成長してくれています。

私の妊娠生活が穏やかなものであるように様々な配慮をしてくれています。
何より、この妊娠は私たちにとっては奇跡だったので主人がすごく幸せそうで幸せそうで・・・その姿が嬉しくて涙が出ます。


言葉にし尽くせないのですが、人生はすべては完璧に整えられているということ。

そして、迷う時苦しい時もすべての答えは外側にあるのではなく、自分の中にあるということ。

自分の至らなさにも気づかされ、でも自分の奥にある本当のうつくしさや愛の深さにも気づかされ、自分の凝り固まった考え、固定観念を取り外し身をゆだねてゆくと、まわりに感謝することばかりで、どんどん幸せは溢れてくるのだなあと、母の死とお子の命を宿すという体験を通して学んでいます。

「自分が幸せに生きることがまわりを幸せにすること」の真理。

理屈での正しさよりも、今ここで幸せに在ることの大切さ。

何をするかではなく、どうあるか。

体の自由がきかなくなる妊婦だからこその学び。


本当に素晴らしい体験をさせていただいています。






[PR]
# by BittyBijou | 2015-01-28 14:15

この数か月であったこと。

すっかり月日が経ってしまいました。


このブログを見てくださっているみなさん。

いつもありがとうございます。


ブログのアップはしていませんが、
最近はFacebookで近況をアップしています。

また、コイノニアのFacebookページも立ち上げましたのでよろしければ
ご覧ください。

グループリビングコイノニア


さて、この数か月であった一番大きなできごと。

それは3月15日に私の母が帰らぬ人となったこと。
約4か月たった今も愛おしくて愛おしくて、仕方ありません。
今でも涙が出たりかなしくなったりもしますが、
父と力を合わせ、夫やコイノニアのみんなの支えのおかげで
幸せな日々を送っています。



さて、私の母への想いが、そのまま歌詞になったような曲を
友人が教えてくれたのでアップします。

AI―ママへ


母の死によって得られたことは大きかった。


愛されていること、愛していること。


愛がどんどん、大きく深まっていることを感じています。


ありがとう。

おかあさん。

大好きで大好きで 愛おしくて愛おしくて。

何度言っても 言い足りない。


あなたのような人になれるように 


これからも 私は精一杯生きてゆきます。
[PR]
# by BittyBijou | 2014-07-08 11:30 | おもうこと

【音楽と映像と語りのコンサートライブ】地球のステージin東金

d0018698_1733362.jpg




昨年多くの反響を呼んだ”地球のステージ”を引き続き東金に呼ぶこととなりました。

今回の地球のステージは、地球のステージ2 国境を越えて”をお送り致します。昨年の感動を忘れられない方も多いかと思います。是非大切な人も誘って一緒にお越しください。


詳細

日時: 1月18日 土曜日 

開場: 16:30 開演 17:00

場所: 東金文化会館 小ホール

入場料: 1000円~ 高校生以下無料

  入場料で得た収益は全て、今後地域の学校で地球のステージを開催する際の寄付として積み立てて行きます。1000円以上の価値がある、是非子供たちに繋げていきたいとお心の御座います方は、お気持ちを添えてお願いいたします。

地球のステージとは?

1996年よりスタート。”災害・紛争・貧困”など、世界で実際に起きている様々な出来事を、大画面での実写映像、ライブ音楽、語りを組み合わせて贈る、まったく新しいタイプの”コンサートステージ”。学校現場を中心にこれまで2300回を超える公演を重ねてきた。とってもわかりやすい世界理解講座とも言われている。医師として国際協力を行っている桑山紀彦さんが企画、演出、ステージの案内役を務める。

桑山紀彦プロフィール

これまでタイ~カンボジア国境の難民キャンプを皮切りに湾岸戦争後のイラク、ソマリア、旧ユーゴスラビア、カンボジア、東ティモール、パレスチナ等々で医療支援活動を展開している他、地震などの緊急医療支援、被災者の心のケアにも携わっている。NPO法人地球のステージ代表理事として、日本各地を公演で飛び回りながら、宮城県名取市にある東北国際医療会にて心療内科の診察に当たっている。東日本大震災では、自ら被災しながらも、震災翌日から2か月間24時間体制で診療を行い、その後は被災した皆さんの心に寄り添いながら診療を続けています。

地球のステージ2 国境を越えて

カンボジア篇
病院復興事業通し、忘れられない仲間ができました。一人のカンボジア人青年医師の成長を通し、海外支援の意味を実感します。

イラン震災救援篇
サッカーボールが結んだ支援の輪。父の死を受け、夢を失いかけたイランの少年は・・・現実に立ち向かう’勇気’がそこにありました。

パレスチナ篇
’海を見たい’そんな少女たちの願いを叶えるべくガザの海を目指します。’自由・希望’大海原へ向けて願います。

復興篇
東日本大震災被災地、宮城県名取市にある桑山氏のクリニックで、心のケアを続けてきた記録をお届けします。



お問い合わせ・ご予約
090-6696-6692 yukiho0315@gmail.com (村上)

主催 (株)コイノニア
協力 あいよ農場 ・ 山武ボランティア協会
[PR]
# by BittyBijou | 2014-01-05 17:04 | イベント

2014年おめでとうございます。

d0018698_17594686.jpg

あけましておめでとうございます。朝からドライブ。
日の出を見ました。
おばあちゃんたちには、今日はお正月だがらゆっくりさせて~~と
いつもより遅い朝食にすることに。

今年の抱負→夫は、真理からブレない選択をしていくこと。
私は、内なる声に耳をかたむけて素直に選択していくこと。

言葉は違うけど夫婦同じようなことでした。

楽しい年にしましょう!
[PR]
# by BittyBijou | 2014-01-01 07:58 | 日々

大晦日の夜

d0018698_17475674.jpg


今年は躍動の一年でした。
この新しいお家が建ち、 
施設としてではなく自宅として、みんなで共同生活。

利用者のおばあちゃんたちも、スタッフもみんなで他人同士が家族のように生活することを、
大変そうだね、という人もいますが、実際すごく楽しいので
それを自信もって言えることが本当に嬉しいです。

一人で生きていく力ではなく、
人と共に生きれる力がとても大切なのだと思います。


来年はもっと向上!もっと楽しく!もっと可能性を広げていきたいです。
世界進出もしていきます。笑。
いろいろなイベントもやるし想像するだけでワクワクしますね*

とっても素晴らしい一年が待っています。たくさんの素敵な出会いと共に。。


写真は、紅白をみながら、トランプ。
おばあちゃんたちは芋けんぴをひたすら食べていました。
家族の風景です。
[PR]
# by BittyBijou | 2013-12-31 19:47 | 日々

おせち料理


スタッフみんなで作ったおせち料理!
私は、祖母直伝の餃子!
お正月に宇都宮の祖母の家に行くと
必ず餃子を食べるので*
この餃子を作るときは、祖母のことを思い出しながら作ります♡
d0018698_17464832.jpg

[PR]
# by BittyBijou | 2013-12-31 17:43 | 日々

クリスマス会

d0018698_17402087.jpg
d0018698_17402931.jpg


クリスマス会をひらきました♪

東金のいきつけカフェ MANGALAさんのカワイイ特大ケーキに歓声、、!!
そして、スタッフ一品持ち寄り、色とりどりの美味しいお食事に
子供たちも利用者のみなさんも夢中で食べていました。

あるおじいちゃんのハーモニカを中心に、エレクトーン、ギター、カホンで、きよしこの夜の演奏。

クリスマスって何?というお話と、スタッフ一人一人の挨拶。
スタッフひとりひとり、昨年の思い出と、来年の抱負を語りました。
たくさんのキレイな涙と笑顔に溢れた時間でした。

優しい利用者のみなさん、素晴らしい仲間に囲まれて、最高に幸せな一年でした。

ありがとうございました。
[PR]
# by BittyBijou | 2013-12-24 17:42 | イベント

Amibu


d0018698_1733612.jpg


最近コイノニアで編み物教室を開いています。
参加者は自由。
講師はお友達の恭平さん。
編み物男子です*

ひとそれぞれ技術の差はありますが、
みんな楽しくもくもくと編んでいます。
[PR]
# by BittyBijou | 2013-12-12 17:28 | イベント

インディアンフルート奏者 Mark Akixa コンサート


昨日は Mark Akixaさんのコイノニアコンサートライブでした!

そして、Markさんのフルート、すすすごかった!!!
見えてしまった、いろいろな景色が向こうに。。風と大地を感じました。。大感動でした。
こんな素晴らしい演奏をこんな間近でみれるなんて贅沢です。


曲目は、いくつかの童謡と、先住民のあいだで古くから伝わる曲。
そして、アメイジング・グレイスなど。
ネイディブアメリカンの歴史のお話や、彼らが大切にしている思想など
Markさんのお話も素晴らしかったです。

参加者のみなさん、喜んでくれましたが、なかでも私が一番印象に残ったのは
あるおじいちゃんの言葉。深いため息と一緒に『こんな感動初めてだ。ありがとう、、』と。
嬉しかったですね、すごく。


みんなの心に魂に、大切な何かが少しでも伝わったらいいなと思います。


Markさん、本当にありがとうございました。


d0018698_17281439.jpg

[PR]
# by BittyBijou | 2013-10-20 17:19 | イベント



コイノニアの記録
紹介
コイノニアの日々の記録
イベントの告知など。
以前の記事
お気に入りブログ
カテゴリ
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧