共に歩む路

福島県 避難民31人の方々 一日たって、、

昨夜の夜は、夜11時頃にみなさん到着。

バスからおりて来たみなさんは
ほんとうにほんとうに精気を失っている状態でした。

主人は、あの避難所生活は
誰でも、どんな人だってそうなるよと言っていました。

夕食に地元のお寿司屋さんに注文した
天ぷらと、煮魚と、茶碗蒸しを
卵焼き(おまけ)を召し上がりました。


無言の建物内には、不安と、恐怖と、疲れと、虚無感と、、静かな混乱がありました。

だけど、

一日たって、みなさん、顔色がよくなり
たくさんの
笑顔がみられるようになりました。

感謝の言葉もたくさんでした。




今日からは三食いつも通りに釜でご飯を作り。
いつもの倍の60人分


だけど、たくさんの方々の助けによって、ほんとうに助かられています。


この場を借りて、感謝したいとおもいます


急遽、アパートを二つ貸し出してくれたり(結局使ってないけど)
大量の布団を寄付してくださった地主さん

仕事の合間にみなさんのところにきて、一人一人にカウンセリングしてくださった漢方の先生

よし、引き受けた!とこころよく受け入れてくれた、町医者の先生方

涙を流す看護師さんたち


下着類などを提供してくださったドンキホーテさん

自転車や食事を提供してくださったご近所の方々

私と主人のいきつけの居酒屋のオーナー


休みなしで働いてくれたり、家庭の物を寄付してくれるスタッフのみんな

ボランティアで来てくれた友達と、その友達(料理人)



また、声をかけてくれた、友人たち。


ほんとうに、ほんとうに、



感謝です。




人は一人の力で人助けはできない。

一人ではなく、たくさんのあたたかい繋がりを持っていてこそ、
人助けができるんだなぁと感じます。



さて。

これから、みなさんが自立できるように、

そしてその感謝を外に流してゆけるように、

これからの日本の変化のために働きかけられるように



心のある、サポートをしてゆきたいとおもいます。
[PR]
by BittyBijou | 2011-03-19 20:48 | 日々
<< 楽しいー!! なんて、、 >>



コイノニアの記録
紹介
コイノニアの日々の記録
イベントの告知など。
以前の記事
フォロー中のブログ
カテゴリ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧