共に歩む路

母の心

被災者の方がヘルパーの資格をとって行っている間に、
その方のお母様のお世話をさせていただいています。

ほとんど寝たきりで歩けなかったのですが、少しずつよくなっています。

そんな中で、その方は毎晩二回は起きてポータブルトイレに座らせてほしいとスタッフを呼び出すのです。

息子さんにきくと、今まで弟と交代で
夜中起きて介助していたそうです。

それでは、働き出したら身がもたないとのことなので、

日中は頑張ってリハビリをして、
夜中は息子さんが頑張ってお仕事できるためにも
オムツにオシッコをしましょう、
これだけ良くなってるからもっともっと良くなって必ず歩けるようになりますよ。
息子さんも自立できるように頑張っているから、
素晴らしい息子さんたちなんですから
お母さんも応援してあげましょう、

とお話をしましたら、

その方はポロポロ泣いてしまいました。

まわりの利用者の方々も
大丈夫だよ、
歩けるようになるから頑張ろうよ、
できるよ、

など色々と優しい声をかけてくださいましたが、

しばらくは なんだか切ない様子。

今まで息子さんがずっとべったりくっついてケアしていてくれたから
オムツにオシッコをするということもショックだっただろうし、

息子さんが働きに出て自分から離れてしまうのが、何よりも一番切ないようです。

その切ない目をみるとこちらまでもが切なくなります。



母の心というのは、本当に子供にあるんだなぁと感じました。

特に男の人は働きに出たり結婚したりすると
母親から離れていくものだから
余計に悲しいのかも。。


特にこの方は親子で被災して避難してきたわけだから
よりその想いは強いのだと思います。


でも、きっとこの方も他の利用者さんたちと同じように また歩けるようになって、
そして、息子さんの自立を心から喜び応援してくれくことを

一ヘルパーとして願っています。


最近のできごとと重なる部分もあるので、
このことからまた一つ母の心というものを学び

本当に母の愛情とは深いものだなと感じました。
[PR]
by BittyBijou | 2011-05-25 12:15 | 日々
<< 地球のステージ 感謝 >>



コイノニアの記録
紹介
コイノニアの日々の記録
イベントの告知など。
以前の記事
フォロー中のブログ
カテゴリ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧