共に歩む路

おむすび教室

d0018698_1484845.jpg




おむすび教室に行って来ました。

講師は元おむすび茶屋勤務の方で、
これから山口県で夫婦で地球的生活、自給自足生活を営んでいくそうです!

まずは色々なお塩を味見してから、おむすびの結び方の基本を習いました。

そのあとは美味しい野菜たちの煮物や炒め物、お味噌汁!

そして、ご飯のおこげで作ったお茶!

これが感動〜!
お焦げ汁なんて初めてです。
ほんとうに美味しかった〜♡


さてさて、おむすびは、『おにぎり』とも呼びますよね。

それは、昔の日本、常に片手に刀を持ちながらもう片手でにぎり飯を食べるという時代がありました。
いつ誰が襲って来るかわからない、そんな時代。

その頃は片手で飯を食うそれが当たり前の時代。

でも、江戸時代に入り、
刀を持たなくとも両手でにぎりを食べるようになった平和な時代がやってきました。

それから『にぎり』ではなく『おにぎり』と呼ぶようになった…

という説があるそうです。


また、おにぎりが三角なのは、山を象徴してるとか。



なるほど。
おむすびには、日本人の平和への願いと、山を想う気持ちが込められていたんですね。
[PR]
by BittyBijou | 2011-12-08 14:08 | 日々
<< ミツバチ 終了しました。大成... ミツバチの羽音と地球の回転 >>



コイノニアの記録
紹介
コイノニアの日々の記録
イベントの告知など。
以前の記事
フォロー中のブログ
カテゴリ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧