共に歩む路

養老渓谷

d0018698_21533517.jpg



自宅から車で約1時間半、養老渓谷にいって来ました。

そこで出会った不思議な木の話です。


友人と渓谷を歩いていると、ものすごい存在感に惹きつけられ、足をとめて上を眺めると、それは『子宝のもみじ』と名付けられた木でした。

まるでお腹に赤ん坊がいるような幹がふっくらとした丸みのある、おおきな木。

その不思議さに圧倒され、静かに眺めていると、突然それまで曇っていた空から太陽が顔を出し明るくなりました。

木漏れ日がきらきら光って、
まるで歓迎されているかのようで、とても感激しました。

友人の目も、きらきらしていました。


苔がはえたその木肌に手をあててみると、とてもあたたかく優しく、本当に母親のお腹に手を触れているような感じでした。


素敵な木との出会い。

ありがとう。
[PR]
by BittyBijou | 2012-05-18 21:53 | 日々
<< 種まき 田んぼでスポーツ。 >>



コイノニアの記録
紹介
コイノニアの日々の記録
イベントの告知など。
以前の記事
フォロー中のブログ
カテゴリ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧