共に歩む路

花育

d0018698_153327.jpg


先日は10人もの女の子たちが来てくれました!
フラワーアレンジメントのお教室をひらいている友人の生徒さんたちです。
幼稚園~小学生くらいの子供たち。

『誰かを喜ばせるということを学んでほしい』

という友人の考えに共感して、今回施設を開放しました。


ここに来る子供たちはなぜだか男の子が多いのですが、
今回は10人全員女の子。
コイノニアにとっても新鮮でした。


子供たちは、入所者のみなさんにお花をアレンジしてプレゼントしてくれたり、
お料理を手伝ってくれました。


みなさん子供たちの笑顔やお花の鮮やかさに、
涙を流したりして喜んでくれました。


子供たちも、普段の生活の中で出会わない人たちに、
最初はきょとんとしている様子だったのですが、。
だんだんと肌で感じて理解してくれた様子でした。




『このおばあちゃんは目が見えない』

『このお兄さんはお家が津波で流された』

『このおばあちゃんは動けないのかな』

『このおじいちゃんは、お花をあげたらパンをくれた』

などなど…



終わりの頃に、ある子に「ここがどんなところかわかったかな?」
ときいてみました。


そうしたら、こんな答えが返って来ました。

『うん。わかったよ。うーんとね、ここの人たちはね、みんなやさしくされてるってこと!!』


と。


胸に染みました。

そして、もっともっとやさしいひとになりたいと思いました。



言葉だけじゃ伝えきれないかなと思ったけれど、子供たちはちゃんとみているんですね。

コイノニアだから学べる『心の豊かさ』。


子供たちの目線になって伝え続けたいと思います!
[PR]
by BittyBijou | 2012-07-26 15:13 | 日々
<< うめ♂ 地球のステージ 集合写真 >>



コイノニアの記録
紹介
コイノニアの日々の記録
イベントの告知など。
以前の記事
フォロー中のブログ
カテゴリ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧