共に歩む路

<   2015年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

生命(いのち)の永遠を感じています。



前回の更新から、半年が過ぎました。

facebookの方では仕事での様子をアップしていますが、こちらは個人的なことを少しだけ。


今、私のお腹には八ヶ月の赤ちゃんがいます。

とても順調に育ってくれていて、私の体調もとても良いです。

母の死からたった数ヶ月で新しい命が宿り、昨年から不思議な感覚があります。

母と赤ちゃん、それぞれひとりの人間としてみてみると単なる別れと出会いとも言えますが、

大きな広い宇宙の流れの中で見てみると、生命はつながっていて時空を超えた永遠のものであることを感じずにはいられません。

夫、父と共に歩み、愛し愛され、コイノニアのスタッフには数知れず助けられ、他人でありながら親族よりもずっと近く、たくさんの優しさに包まれ感謝の尽きない日々です。

また、良い助産師さんに出会うこともできて、いつも的確なアドバイスをいただき、それを素直にきくと身体がちゃんと答えてくれるのがおもしろくて、毎回の健診が緊張もありながら楽しみになっています。


この日々はすべて母が与えてくれたもの。。。とすら思えてなりません。

母がくれた愛と同じように、私もお腹の子にたくさんの愛を捧げてゆきたいなと思います。

それ以上に、すでに私がこの子から愛をもらっているのですが。。



最近は、胎児とのたい話を大切にするママが増えているそうです。

お母さんを幸せにするために子供は生まれてきたという考え方。

そして、人の役に立つために、地球の役に立つために生まれてきたということ。

世の中でそんな考え方がだんだんと広まっています。

私の母は、もともとそういう考え方をとても大切にしていて、私がお腹の中にいた時のこと、私が強い意思を持って使命を生まれてきたということなど、それこそ死の間際まで話してくれていました。

今思えば母にとってお産は、人生で最大の喜びであったことがよくわかるし、
私という存在が母の人生をこんなにも幸せにしたのかと、ある意味私の使命の一つを果たせたような気もしています。

母は、倒れる直前に私宛のバースデーカードを書いてくれていました。

そこには、私が生まれるまでの産婦人科でのできごとをつらつらと細かく綴ってありました。
それを読むと母にとってお産がどれだけ素敵な経験だったかがよくわかります。

その後、倒れて病院に運ばれた時に、医師がくも膜下出血を疑って「その頭痛は、出産の痛みよりも痛いですか。」と尋ねてきたときは、
母は、「出産の痛みは痛みじゃないの。よろこびなのよ!比べるものではない。」とハッキリと答えていました。

その言葉の響きは今も私の心に残っています。


そして、母が他界したあとも、母の計らいとしか思えない不思議なできごとの数々。

いつもいつも近くで守ってくれてサポートしてくれているのがわかります。

私の妊娠期間がとても安定しているのは、母のおかげだと思っています。

母の考え方は母の祖母(私の祖祖母)や、父親(私の祖父)の影響もあるようですが、
母自身が持って生まれた特別な感性もあると思います。

また父も、私が妊娠してから時々いろいろな話をしてくれます。

いつも、「大丈夫だよ」「全部整えられてるからね」「お母さんが守ってくれるから」そんな言葉で私を安心させてくれます。

先日は、父と一緒に散歩をしながら、自分が子供だったときのこと、自分の母親(私の祖母)から聞いたお産のことなどを話してくれたのですが、それがまたあたたかい話で嬉しくてまた幸せな気持ちがふくらみました。

何世代もの命がこうしてつながって今の私がいることに感謝はつきません。


そして、主人。

共に歩んでくれている最愛の人。

優しく、そしてときに厳しく私を叱咤激励して一緒に成長してくれています。

私の妊娠生活が穏やかなものであるように様々な配慮をしてくれています。
何より、この妊娠は私たちにとっては奇跡だったので主人がすごく幸せそうで幸せそうで・・・その姿が嬉しくて涙が出ます。


言葉にし尽くせないのですが、人生はすべては完璧に整えられているということ。

そして、迷う時苦しい時もすべての答えは外側にあるのではなく、自分の中にあるということ。

自分の至らなさにも気づかされ、でも自分の奥にある本当のうつくしさや愛の深さにも気づかされ、自分の凝り固まった考え、固定観念を取り外し身をゆだねてゆくと、まわりに感謝することばかりで、どんどん幸せは溢れてくるのだなあと、母の死とお子の命を宿すという体験を通して学んでいます。

「自分が幸せに生きることがまわりを幸せにすること」の真理。

理屈での正しさよりも、今ここで幸せに在ることの大切さ。

何をするかではなく、どうあるか。

体の自由がきかなくなる妊婦だからこその学び。


本当に素晴らしい体験をさせていただいています。






[PR]
by BittyBijou | 2015-01-28 14:15



コイノニアの記録
紹介
コイノニアの日々の記録
イベントの告知など。
以前の記事
フォロー中のブログ
カテゴリ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧